「なんて冷酷な決断だ!」”兵役逃れ”の元韓国代表FW、フランス帰化の意向を母国メディアが糾弾!

「なんて冷酷な決断だ!」”兵役逃れ”の元韓国代表FW、フランス帰化の意向を母国メディアが糾弾!

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/05/03
No image

一大騒動に発展しつつある兵役忌避問題。ソク・ヒョンジュン自身は沈黙を守っている。(C)Getty Images

いわゆる“兵役逃れ”で渦中のひととなっているのが、元韓国代表FWのソク・ヒョンジュンだ。現地5月1日には「フランスに帰化する準備を進めている」との報道が衝撃をもたらし、韓国国内で一大騒動に発展しつつある。

韓国において成人男子は、基本的に28歳までに兵役を履行しなければならない。スポーツ選手の場合は五輪でのメダル獲得、アジア大会での金メダル奪取のどちらかを果たせば、免除される特別ルールがあるが、きわめて稀なケースだ。ソク・ヒョンジュもオーバーエイジ枠で2016年のリオ五輪に臨んだが、グループリーグ敗退で権利を獲得できなかった。どんな理由であれ、兵役に従事するのは韓国国民の義務。逃れようとすれば相応のバッシングを浴びるのも常である。

ソク・ヒョンジュンは現在29歳。高校卒業後の18歳で欧州へと旅立ち、アヤックス(オランダ)やポルト(ポルトガル)の名門クラブでもプレーした経歴を持つ。今シーズンはフランス・リーグ2部のトロワに籍を置き、ここまで16試合に出場して3得点をマーク。190センチの長身から繰り出す迫力満点のヘッダーが魅力で、韓国代表としてもアンダー世代から活躍し、国際Aマッチ15試合(5得点)に出場している。

そんなサッカーエリートが、当局からの呼びかけを無視し続けているのだ。

ソク・ヒョンジュンは満28歳を迎える前の昨年4月までに帰国し、兵役に就く必要があったが、トロワでのプレー続行を決断。管轄する韓国・兵役庁はこれを明白な違反行為と見なし、すぐさま勧告を発令する。2020年末には256名にのぼる「今年の兵役忌避者リスト」に、ソク・ヒョンジュンの名を掲載。その時点でも同選手は批判の矢面に立たされた。
だがそれでも、選手側からなんらレスポンスがなく、状況は変わらない。業を煮やした兵役庁はついに強硬手段に出る。4月28日、チョン・ソクファン庁長はみずから声明を発表し、「(ソク・ヒョンジュンは)ただちに帰国して義務を果たすべきだ。まだ間に合う。すでに兵役法に基づいて、旅券(パスポート)は無効とする措置を講じた」と明かす。帰国後の刑罰は避けられないが、兵役義務さえ全うすれば、それ以上の罪は問わないと語りかけたのだ。

選手本人からの反応がないなか、驚きのニュースを伝えたのがトロワの地元雑誌『Les Eclair』だった。ソク・ヒョンジュンが事態を解決するため、フランスへの帰化申請を決断したと報じたのである。

【PHOTOギャラリー】韓国女子代表のビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトを総チェック!帰化申請には「フランスでの居住が3年以上」の必須条件があり、これについてソク・ヒョンジュンはすでにクリアしている。だが実際に認可されるためには「5年以上」に条件が引き上げられ、彼がそこに到達するのは2022年8月だという。さらに同誌は「最大の障壁となるのはフランス語の技能で、帰化認可には欠かせない項目。ソク・ヒョンジュンはフランス語で会話ができないため、猛特訓をはじめたようだ」とレポートした。

まさに急転直下の展開だ。この衝撃的なニュースを韓国の主要メディアが一斉に取り上げ、懐疑的な意見が大勢を占めるなか、スポーツメディア『OSEN』も冷ややかな論調を展開した。「フランスへの帰化を決めたという情報が真実ならば、(韓国の)年代別代表はおろかA代表にも招集されたサッカー選手にもかかわらず、なんと冷酷な決断だろうか」と記し、次のように続けている。
「地元メディアも指摘しているように、彼はまるでフランス語が話せない。帰化など現実的なアプローチではないし、申請を実行に移せば、事態が悪化するだけだ。そもそも彼の父親は今年2月、メディアの取材に応えて『息子はかならずいつか帰国して、36歳までには義務を果たす』と断言していたではないか。それがまったく異なる動きがフランスで報じられている。いったいなにが真実なのだろうか」

はたしてソク・ヒョンジュン自身の口から具体的なプランが明かされるのか。パスポートが無効となったプロサッカー選手をフランス当局がどう取り扱い、来年6月まで契約が残るトロワが所属選手の擁護に回るのか否かなど、注視されるポイントは数知れない。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【PHOTOギャラリー】韓国女子代表のビーナス、イ・ミナの可憐な厳選フォトを総チェック!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加