「アマビエ氷の彫刻」と九州各地の祭りちょうちん共演 JR博多駅前広場

「アマビエ氷の彫刻」と九州各地の祭りちょうちん共演 JR博多駅前広場

  • 西日本新聞
  • 更新日:2020/10/18
No image

新型コロナウイルスの終息を願い、疫病封じの妖怪とされるアマビエをかたどった氷の彫刻が17日夕、JR博多駅前広場に登場し、ライトアップされた。

JR博多シティが企画した。彫刻はアマビエとアーチ状の枠があり、高さ2メートル、横幅2・4メートル、総重量約800キロ。NPO法人日本氷彫刻会九州地方本部のメンバーが、重さ135キロの氷8個を約1週間前から加工し、この日、ドリルやのこぎりを使って仕上げた。

広場には九州各地の祭りのちょうちん約500個も飾った。同本部の平成孝会長(52)は「コロナが収まり博多のまちが元気になってほしい」と願いを込めた。

西日本新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加