阪神・小幡、初遊撃スタメンもバットで結果出ず途中交代

阪神・小幡、初遊撃スタメンもバットで結果出ず途中交代

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2020/09/17

(セ・リーグ、巨人7-6阪神、15回戦、巨人12勝3敗、16日、東京D)高卒2年目の阪神・小幡が8月16日の広島戦(京セラ)から遊撃で先発出場していた木浪に代わって先発出場。二塁では10試合で先発出場したが、本職の遊撃では初の先発起用となった。守備では3度、打球を処理するなど軽快な動きを見せたが、バットでは三回1死で空振り三振に倒れると、六回1死の第2打席では中飛。八回に1死満塁の場面で代打・中谷を送られ、途中交代となった。

No image

三回、三振する阪神・小幡竜平 =東京ドーム(撮影・宮沢宗士郎)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加