デュラント、故障の右膝は順調に回復も復帰は2週間後の再検査次第に

デュラント、故障の右膝は順調に回復も復帰は2週間後の再検査次第に

  • 月刊バスケットボールWEB
  • 更新日:2023/01/27
No image

今週から練習開始も可能とチームが発表

現地1月24日(日本時間25日)、ブルックリン・ネッツはケビン・デュラントの右膝の再検査の結果を紹介。今週中にバスケットボールをプレイできる状態まで回復しているが、さらに2週間後に再検査になると発表した。

デュラントは、現地1月7日のマイアミ・ヒート戦でヒートのジミー・バトラーが右足に落下する形となって故障。以来欠場となっている。

今回、ネッツはSNSで「ケビン・デュラントの右膝内側側副靱帯の故障の故障について再検査を行い、ライリー・ウイリアムズ医師は予想より回復が早いと診断した。デュラントは引き続きヒザのリハビリを続け、今週からランニングとコート上でのバスケットボール活動を開始する予定。2週間後に改めて再診断を受ける予定である」と発表している。

最短での復帰は2月2週目となる模様。ネッツはカイリー・アービングの強力リードで現在イースト4位(29勝17位)という好位置にいるが、チーム全体でさらなる頑張りが必要なようだ。ちなみにNBAオールスターゲームは2月19日予定であり、デュラントはぎりぎり間に合うかという状況にある。

月刊バスケットボール編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加