来週20日は「敬老の日」 市内最高齢の男性を市長が訪問 長野・諏訪市

  • SBCニュース
  • 更新日:2021/09/15

来週20日の敬老の日を前に、諏訪市では金子ゆかり市長が市内最高齢の男性を訪ね、長寿を祝いました。
有賀清晴さんは1915年生まれの106歳で、4年連続で市内に住む男性の最高齢を更新しました。
妻のさわ江さんも102歳、夫婦そろっての100歳超えです。
長寿の秘訣を「風呂上がりの体操」と話す有賀さん。
しっかりとした足取りで玄関まで歩き、市長を見送っていました。

mosa

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加