魚販売所に車突っ込むひき逃げ事件から一夜 鹿児島・奄美市

魚販売所に車突っ込むひき逃げ事件から一夜 鹿児島・奄美市

  • MBCニュース
  • 更新日:2023/05/26

鹿児島県奄美市で25日、魚の販売所に車が突っ込んで70代の女性にけがをさせ逃走しました。住民からは不安の声が聞かれます。

この事件は、25日午前11時ごろ、奄美市名瀬大熊町の魚の販売所「宝勢丸」に軽自動車が突っ込み、店の中で買い物をしていた70代の女性をはね、そのまま逃走したものです。女性は左足の骨を折る大けがをしました。

現場周辺の小学校では26日朝、児童らが通常通り登校していましたが、保護者からは不安の声も聞かれました。

(保護者)「子どもたちの通学もあるので、早く捕まってほしい」

車が突っ込んだ「宝勢丸」は通常通り営業していますが、買い物客からは不安の声が聞かれました。

(買い物客)「常に刺身を買ってるから心配したが、営業してるから買って帰ります」

注意を促すため、25日車が突っ込んだ入り口の前にはポールが2本立てられていました。

(宝勢丸鰹漁業生産組合 徳田謙治理事)「輪止めの意味とか、注意を促す意味で設置した」

警察はひき逃げの疑いで捜査しています。

No image

魚販売所に車突っ込むひき逃げ事件から一夜 鹿児島・奄美市

ここをクリックすると元記事で動画を再生できます。

MBC南日本放送

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加