「仮面ライダージオウ」玩具発売→ファン一斉に困惑 平成ライダーがなぜ今?考察続々

「仮面ライダージオウ」玩具発売→ファン一斉に困惑 平成ライダーがなぜ今?考察続々

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2021/10/14

特撮ヒーロー「仮面ライダー」シリーズのグッズを展開するバンダイは2021年10月14日、2019年に公開した映画「仮面ライダージオウ Over Quartzer(オーヴァー クォーツァー)」の関連グッズを発売した。

No image

同社によると、「平成終了(2019/7/26)から811日」を記念して商品化した。しかし実際に平成が終了したのは19年4月30日である。

このほか商品説明などでも「平成」をネタにした文言の数々を受けて、ファンの間では「何からツッコめば」などと動揺が広がっている。

何の記念日なのか?

特撮ヒーロー「仮面ライダージオウ」の映画「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」に登場した変身グッズ「ライドウォッチ」を模した玩具の発売が発表された。

「仮面ライダージオウ」は平成最後の仮面ライダー。令和3年の現在、ファンにとっては予期しなかった商品化だ。しかしなぜ今なのか、バンダイが運営するツイッターアカウント「仮面ライダーおもちゃウェブ公式」でこう告知されている。

「\あっ!平成が帰って来た!/今日は平成終了(2019/7/26)から811日記念日!それを記念してクォーツァーが持つライドウォッチが待望の商品化『DXライドウォッチ クォーツァーセット』3種が登場ジオ!」

しかし先述の通り、平成の終了日は異なる。また多くのファンは「811日」に何らかの意味を見いだせず、困惑した様子だ。

「平成は帰ってきてないし、平成終了日は2019/7/26じゃないし、811日は特に意味のある記念日ではない」

「平成終了が7月26日になってるのもおかしいし811日記念とか一切何も掛かってないのが更におかしい」

「811日記念ってなんかのゴロか俺が知らないメモリアルかと思って触れないでおいたけどみんなも知らないやつだったんだ。よかった(よくない)」

一方で、ファンの中ではある説が浮上している。

「P.A.R.T.Y(平成)は終わらない」

複数のユーザーが指摘しているのが、「パーティ」と読ませたいのではという説だ。

「平成終了811日記念日、なんで811なのかと思ったら8(ぱー)+10(てぃ)+1(い)で、P.A.R.T.Y.と読ませようとしてるのか!?」

映画「仮面ライダージオウ Over Quartzer」の主題歌は、男性ダンス・ボーカルグループ「DA PUMP」の楽曲「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」だった。今回発売される「DXライドウォッチ クォーツァーセット」のキャッチコピーの一つにも、「P.A.R.T.Y(平成)は終わらない」という文言があった。

またSNS上では、まるで製薬会社の広告のような「\あっ!平成が帰って来た!/」という文言も好評だった。

「そんな小林製薬みたいなノリで帰ってくるんだね平成......」

「なんで\あっ!平成が帰って来た!/って他人事というか『平成側が自発的に戻ってきた!』みたいなノリなんだよ。お前らが引っ張り出してんだろ」

「元の場所に返してきなさい」

「平成を何だと思ってるんだ」

話題を呼んだ告知は21年10月14日13時現在、1.3万リツイート、1.4万「いいね」を超える大きな反響が寄せられている。

\あっ!平成が帰って来た!/
今日は平成終了(2019/7/26)から811日記念日!
それを記念してクォーツァーが持つライドウォッチが待望の商品化「DXライドウォッチ クォーツァーセット」3種が登場ジオ!

【01】 https://t.co/ExzsfcDubq
【02】 https://t.co/tFZi6TMNU1
【03】 https://t.co/IRvD6lpmfj pic.twitter.com/f8Z5PmUSW8
— 仮面ライダーおもちゃウェブ公式 (@bandai_ridertoy)
October 13, 2021
from Twitter

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加