MANON、「ピンク」をテーマにした新曲「aura」を配信リリース

MANON、「ピンク」をテーマにした新曲「aura」を配信リリース

  • SPICE
  • 更新日:2022/11/25
No image

MANONが、第1弾「Fake Friends」に続く、4ヶ月連続配信リリース第2弾「aura」を、本日・11月25日(金)より配信した。今作は、前作に続くトラックメイカーのkirakuと、MANONの髪の色がピンク色な事からインスパイアされ作った楽曲。MANONが憧れる人を想い歌った、儚くも強い“aura” をイメージしたメッセージソングとなっている。

アートワークは、3DCGアーティストAsahiNaにMANONが直接声をかけた事で実現したほか、前回に続くMark Robinsonが担当した。

MANONは、イギリスの公共放送BBC World Newsに日本のファッションアイコンとして出演したほか、日本テレビ「歌のシン・トップテン」地上波音楽番組で初歌唱するなど、国内外で存在を放っている。

MANON コメント

4ヶ月連続リリースの第二弾はaura。
この曲は前作に引き続きトラックメイカーkirakuとの曲で、彼女が私と制作する時に、私の髪の毛の色がピンクなことからピンクをイメージして作ったもの。この曲を聴いてると私はなんとなくピンクと水色が思い浮かぶ。それってオーラのような感覚だなって思ってauraってタイトルにしました。

私がその人になれたらいいのに...ってくらいに憧れてる人について歌ったよ。
その人は私のストーリーの中では、いなくなってしまうくらいに儚くてでも強いauraがあって、みんなにもきっとそういう存在の人はいると思うからぜひ聴いてみてほしい。

ロゴはMark Robinson、アートワークは、私がずっとご一緒したいと思ってたAsahiNaさんにお願いしました。AsahiNaさんの作品をみて、auraのイメージとぴったりだと思っていたから嬉しいです。

みんな楽しんでね^_^

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加