新型コロナ 病床使用率5割超える 長崎知事が行動制限を検討へ 山梨県

新型コロナ 病床使用率5割超える 長崎知事が行動制限を検討へ 山梨県

  • YBS山梨放送
  • 更新日:2022/08/05
No image

山梨県内では5日、1404人の新型コロナウイルス感染が発表された。病床使用率は50%を超え、長崎知事は県民への行動制限について検討する考えを明らかにした。

山梨県内では5日、1404人の新型コロナウイルス感染が発表された。病床使用率は50%を超え、長崎知事は県民への行動制限について検討する考えを明らかにした。

県内の新規感染者は4日連続で1000人を超えた。同日午前0時時点の入院患者は214人、病床使用率は51.3%だ。

県が行動制限の目安とする50%を超えたことを受け、長崎知事は今週末や週明けの状況をみながら、県民へ行動制限を要請するかを判断するとした。

こうした中、重症化リスクが低いとされる患者へ配布する抗原検査キットが国から届いた。配布されたのは、約8万7400回分の検査キットで、このうち3万回分は県医師会に配布され検査キットが不足する医療機関に配られる。

また、北杜市で5日と6日、甲斐市で6日、市内に予約不要のワクチン接種会場を設置し、接種を促進させる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加