真田広之の超絶アクションさく裂!『モータルコンバット』冒頭7分の本編映像

真田広之の超絶アクションさく裂!『モータルコンバット』冒頭7分の本編映像

  • シネマトゥデイ
  • 更新日:2021/06/10
No image

『モータルコンバット』冒頭7分の本編映像が公開 - (C) 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

人気格闘ゲームを映像化した映画『モータルコンバット』(6月18日公開)より、伝説の忍者ハサシ・ハンゾウ/スコーピオンを演じる真田広之の激しいアクションシーンを捉えた冒頭7分間の本編映像が公開された。

本作は、激しいバトルや残虐な描写が特徴的な格闘ゲーム「モータルコンバット」をもとに、太古より続く格闘トーナメントで世界を救うべく総合格闘技の選手たちが戦いを繰り広げるさまを描くアクションアドベンチャー。キャストには国際的な顔ぶれがそろっており、日本からは『ラストサムライ』などの真田と共に、最近では『ミッドウェイ』などへの出演も記憶に新しい浅野忠信などが出演している。

今回公開されたのは、真田による白熱のアクションシーンを含んだ冒頭7 分間の本編映像。真田ふんするハサシ・ハンゾウが白井流の忍者として闘いの中に身を置きながらも、妻のハルミ(篠原ゆき子)や子どもたちと過ごすシーンの後、宿敵ビ・ハン(ジョー・タスリム)の襲撃を受けて最愛の家族を奪われたハンゾウが刀やクナイ、体術を駆使して血しぶき立てながら敵を倒していく姿が切り取られている。

本作で真田は「アクションだけがショータイムのように先行してもいけないし、物足りなくてもいけないので、しっかりと、なぜ今このキャラクターは戦っているのか、戦っている時に何を考えているのか、その振り付けの一手一手に感情のサブタイトルが見えるような、そういうシーンにしたいね。という話を(監督と)していたので、それを確実に観客に届けたい」とキャラクターの感情を動きに込めることを意識したという。

また、冒頭シーンについてサイモン・マッコイド監督は「映画の最初で、素晴らしいエモーショナルな演技を与えくれる役者がいることは、僕にとってとても重要だった。本当に(真田は)素晴らしい役者だ。彼は、僕が見たことのないやり方で刀を使うことができる。彼の刀の使い方は見事だよ。そして、彼は素晴らしいファイターでもある。彼にはとても多くの経験があって、とても運動能力に長けている。そして、彼はとても謙虚だ。彼のことは大好きだよ」と称賛の言葉を送っている。

本作の製作には、映画『アクアマン』『ワイルド・スピード SKY MISSION』といったアクション作品で監督を務めたジェームズ・ワンも参加。R指定作品としての劇場公開となる。(編集部・大内啓輔)

シネマトゥデイ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加