週間天気 西日本や東海は梅雨空 関東の梅雨入りはさらに遅れる

週間天気 西日本や東海は梅雨空 関東の梅雨入りはさらに遅れる

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2021/06/11
No image

2021/06/11 13:59 ウェザーニュース

この先一週間は、西日本や東海では曇りや雨の梅雨らしい天気が続き、蒸し暑い日が続く予想です。

■この先1週間のポイント■

・西日本や東海は梅雨空
・関東の梅雨入りはさらに遅れる
・蒸し暑い日が続く

西日本や東海は梅雨空

No image

13日(日)9時の予想天気図

西日本では13日(日)にかけて太平洋側中心に梅雨前線の影響が残り、雨の降るところが多くなります。
九州や四国では局所的に強雨となるところも出てきそうです。
東海なども雲が広がり、にわか雨にご注意ください。

また、北日本の日本海側は寒気の影響を受けるため、天気の急変に注意が必要です。

関東の梅雨入りはさらに遅れる

関東甲信などでは、週末は日差しが届く日もあり、梅雨入りはさらに遅れる予想です。

来週になると曇りや雨の日が多く、スッキリしない天気ですが、梅雨前線は本州の南の海上に停滞して、なかなか北上しない傾向にあります。

このため、梅雨入りのタイミングなどは、随時最新の予報をご確認ください。

蒸し暑い日が続く

連日気温の高い状況が続いていますが、この先も蒸し暑い日が続きます。

西日本・東日本では30℃近くまで気温が上がる予想です。日差しが注ぐとそれ以上の暑さを感じる可能性もあります。

札幌や仙台など北日本でも25℃前後まで気温が上がります。これは平年より3〜4℃高い状況です。マスクをつけての外出となるため、いつも以上に熱中症への注意を心がけてください。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加