首位の西武は勝ちパターンの継投崩れ連勝4でストップ ソフトバンクと2ゲーム差

首位の西武は勝ちパターンの継投崩れ連勝4でストップ ソフトバンクと2ゲーム差

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2022/08/06

(パ・リーグ、西武1-2ロッテ、18回戦、ロッテ10勝8敗、6日、ベルーナD)首位の西武は1点リードの八回に2番手の水上が、代打・レアードに逆転2ランを浴び、連勝が4で止まった。先発の与座が7回無失点の好投。勝ちパターンの継投が崩れたが、辻監督は「ここまで点を取られずに抑えてきたピッチャー(水上)にこういう日もある。われわれは何も言えない」とかばった。

No image

西武・水上由伸=ベルーナドーム(撮影・尾崎修二)

2位・ソフトバンクが勝ったため、ゲーム差は2に縮まった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加