巨人・桑田コーチ 新人合同自主トレを視察「僕自身も期待と不安が非常に大きかった」

巨人・桑田コーチ 新人合同自主トレを視察「僕自身も期待と不安が非常に大きかった」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(52)が14日、ジャイアンツ球場でスタートした新人合同自主トレを視察。12日の就任会見から2日で、巨人での初仕事に臨んだ。原辰徳監督(62)ら首脳陣と、ドラフト1位・平内ら新人19人の練習を見守った。

No image

新人合同自主トレを視察後、オンライン取材に応じた巨人・桑田投手チーフコーチ補佐(球団提供)

引退後も何度か同球場に足を運んだことがあるという桑田コーチ。自身の新人時代の気持ちを思いだし「僕自身も期待と不安、この2つが非常に大きかったんじゃないかと思います。そういう思いで彼らを見ていました」と話した。

2月1日の開始が予定されているキャンプでは1軍だけでなく、2、3軍の選手も指導する見込み。新人のドラフト2位・山崎は、自身も経験したトミー・ジョン手術を昨年6月に受け、まずは実戦復帰を目指したリハビリに励む。「個人的には1軍に上がる早さよりも、しっかりと鍛えて土台作りをして1年でも長く活躍してもらいたいなという思いはあります」と息の長い選手になることを望んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加