「秘書が虚偽の証言」と河井案里被告 選挙違反事件

「秘書が虚偽の証言」と河井案里被告 選挙違反事件

  • テレ朝news
  • 更新日:2020/11/20
No image

動画を見る(元記事へ)

選挙違反事件で起訴された参議院議員の河井案里被告(47)が、検察側の被告人質問で「私の秘書には虚偽の証言がある」などと述べました。

去年の参議院選挙を巡って公職選挙法違反の罪で起訴された案里被告の裁判で、3日目の被告人質問が行われています。案里被告の秘書の女性が夫の克行被告(57)の指示で広島県の地元の市議に現金を渡したとされることについて、検察側が「秘書はあなたに事前に報告し、現場でも封筒を見せたと証言した」と問いただすと、案里被告は「それは真実ではありません」と述べました。そのうえで、「私の右腕として可愛がっていたので気が引けますが、この裁判で彼女には虚偽の証言があります」と主張しました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加