八村塁が古巣への感謝を投稿「ウィザーズの一員になれたことをとても誇りに思います」

八村塁が古巣への感謝を投稿「ウィザーズの一員になれたことをとても誇りに思います」

  • 月刊バスケットボールWEB
  • 更新日:2023/01/25
No image

早ければ日本時間26日のスパーズ戦でデビューの可能性

1月25日、ロサンゼルス・レイカーズへのトレードが決まった八村塁がSNSにメッセージを投稿。ワシントン・ウィザーズのファンをはじめ、関わるすべての人に向けて“ウィザーズの一員になれたことをとても誇りに思います。DCありがとうございました!”と感謝を語った。

現地2月9日のトレード・デッドラインに向けて名前のあがっていた八村は現地23日(日本時間24日)、ケンドリック・ナンと将来のドラフト指名権(2023年2巡目、2029年2巡目、2028年は両チームの2巡目指名権自体を交換)との交換でレイカーズにトレードが決まっている。

SNS投稿で八村は、英語、日本語と2枚の画像を投稿。ワシントン名物の桜の写真の上に下記メッセージを綴っている。

「DCのファンの皆さん、ウィザーズのチームメイト、コーチ陣、メディカルスタッフの皆さん、ウィザーズに関わる全ての関係者の方々、3年半のサポート本当にありがとうございました。

オーナーのテッド・レオンシスとGMのトミー・シェパードにもとても感謝しています。僕にとってオーナーとGMは素晴らしい存在でした。

DCは、僕がキャリアをスタートするのに最適な場所であったと思います。DCの人々の温かさや街は忘れません。

ウィザーズの一員になれたことをとても誇りに思います。DCありがとうございました!」

報道によると、八村は現地24日(日本時間25日)に身体検査を受け、早ければ翌25日(日本時間26日)のサンアントニオ・スパーズ戦でレイカーズ・デビューとなるという。レイカーズがツイッターにアップした画像によると、背番号は28になる模様。レブロン・ジェームズらと共にどんなプレイを見せてくれるのか、楽しみである。

月刊バスケットボール編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加