小栗旬、生田斗真に煽られ「殺すと思いました」 源仲章の憎たらしさを力説

小栗旬、生田斗真に煽られ「殺すと思いました」 源仲章の憎たらしさを力説

  • fumumu
  • 更新日:2022/11/25
No image

25日、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK系)で主役の北条義時を演じる、俳優の小栗旬さんが、朝の情報番組『あさイチ』(NHK系)に出演。

源仲章役の生田斗真さんの「キラキラぶり」に言及し、反響を呼んでいます。

■仲章「ほんっと、ムカつきますよね」

「プレミアムトーク」のコーナーに登場した出演さんは、自身が座長をつとめた大河ドラマの撮影秘話を激白。

番組内では、妻の「のえ」を演じた菊地凛子さんもVTRで登場し、小栗さんの「心配り」を絶賛するコメントも。さらに、源仲章役の生田さんと菊池さんの「急接近シーン」も放送され、絶世の美青年・生田さんの「キラキラぶり」を再確認。

小栗さんは「仲章がねぇ。ほんとにねぇ。ほんっと、ムカつきますよね」「憎たらしいんですよね」と苦笑いし、役柄に沿った「仲章憎し」発言にネットも盛り上がっています。

関連記事:小栗旬が2022年大河主演に! あの監督とのコラボにファン興奮

■劇中で煽られて「殺すと思いました」

小栗さんの「ムカつく」発言はサービス精神に溢れており、司会の博多華丸さんも「うれしいな」と思わずニヤリ。

仲章には腹を立てつつ、俳優・生田斗真に対しては「いやほんとに、よくぞあの役を生田君がね、やってくれたと思いますけどね」「まぁなんか嬉しそうにやられてたんで、良かったなと思います」と称賛。

続けて、劇中で仲章が「朝廷と鎌倉を結ぶ役割に私より適任がいれば教えてくれよ」「私が執権になろうかな、アッハッハ」と義時を煽っているVTRも流され、小栗さんは「あの時は殺すと思いました」とのべ、笑いを誘っていました。

■小栗旬と生田斗真は「絵になる」

ツイッター上でも小栗さんの「仲章憎し」コメントが話題になっており、「仲章、ムカつきますよね、それだけ生田斗真さんの演技が上手いなと思います」「小栗旬vs生田斗真の絵面は何回見ても絵になる」「旬くんと斗真くん いつになってもワクワクさせてくれるおふたりさん」などの反響も。

数々の作品で共演してきたい気の合う2人の「険悪演技」は際立っており、「ここまで言われる生田斗真も俳優冥利に尽きるだろうなと思った」という意見も書き込まれています。

■サッカーも応援しながら大河も

番組終盤で、27日の大河裏番組として、サッカーワールドカップの日本代表VSコスタリカ戦が予定されていることにも言及した小栗さん。

サッカーの後半部分とドラマがかぶってしまうこともあり、「今度の日曜日は、あのサッカーもみんな応援しなきゃいけないと思うんで、サッカーも応援しながら、大河も応援していただけたらと思います」と呼びかけています。

(文/fumumu編集部・星子)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加