旭大星が左アキレス腱断裂で休場、6週間の加療見込

旭大星が左アキレス腱断裂で休場、6週間の加療見込

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/09/17
No image

旭大星(2020年8月2日撮影)

<大相撲秋場所>◇5日目◇17日◇東京・両国国技館

東前頭16枚目の旭大星(30=友綱)が秋場所5日目の17日、日本相撲協会に「左アキレス腱(けん)断裂。約6週間の加療を要する見込み」との診断書を提出し、休場した。4日目の志摩ノ海戦で寄り倒された際、左足を痛めていた。

旭大星の休場は2018年秋場所以来3度目。今場所は4日目を終えて2勝2敗だった。5日目の対戦相手だった明生は不戦勝になる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加