久保建英、Rマドリード復帰の可能性は「いるかもしれないし...」 古巣戦を現地紙が評価「目覚ましいパフォーマンス」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2023/09/19

スペイン1部Rソシエダードの日本代表MF久保建英が、古巣の同国1部Rマドリードへ復帰する可能性について18日、現地紙「アス」が報じた。

久保は、17日のRマドリード戦(1●2)で先制点をアシスト。前半11分には、カットインから左足を振り抜き、ゴールネットを揺らすも、味方のオフサイドで取り消しに。チームは逆転負けを喫したが、同紙は「報われることのない目覚ましいパフォーマンスを見せた」と高く評価している。

報道によると、「久保の権利の50%はRマドリード、残りの50%はRソシエダードに帰属する」といい、Rマドリードは6000万ユーロの放出条項の半分(約47億4000万円)を支払うことで獲得することができる。Rマドリードが引き取りを望まない場合、「Rソシエダードが移籍金の半分を受け取ることになる」という。

同紙は6月に行ったインタビューを振り返り、Rマドリードに戻る可能性について「今はRソシエダードの選手だから、将来は分からない。10年後には(R)マドリードにいるかもしれないし、ここに残るかもしれないし、他の場所に行くかもしれない。時刻に行くかもしれない」と話した久保のコメントを引用。ここまでリーグ全5試合先発で3ゴールと、得点ランク2位タイに位置する久保を「彼のレベルはまだ上昇中だ」とし、古巣への復帰の可能性を伝えている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加