【天皇杯2回戦】波乱続出! FC東京が順天堂大に延長負け、横浜はPK戦の末Honda FCに敗れる

【天皇杯2回戦】波乱続出! FC東京が順天堂大に延長負け、横浜はPK戦の末Honda FCに敗れる

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2021/06/09
No image

FC東京が順天堂大を相手にまさかの黒星を喫した。写真:徳原隆元

6月9日に天皇杯2回戦の計26試合が各地で開催された。

J1で首位を独走する川崎フロンターレはJ3のAC長野パルセイロと対戦。前半に先制を許すまさかの展開で、0-1のままアディショナルタイムに突入。このままタイムアップかと思われた90+1分に橘田健人が同点弾をゲット。1-1で迎えた延長戦でも決着がつかなかったが、PK戦の末、4-3で3回戦に駒を進めた。

横浜F・マリノス対Honda FC、FC東京対順天堂大のゲームも1-1のまま延長戦に。前者では両チームとも1点ずつを加えてタイスコアに。PK戦の結果、Honda FCが勝利。後者は元FC東京U-18の小林里駆のPK弾が決勝点となり、順天堂大が2-1で競り勝った。

ヨドコウ桜スタジアムの“こけら落とし”となったセレッソ大阪対ガイナーレ鳥取の一戦は、2-0でC大阪が勝利。5分に大久保嘉人のゴールで先制すると、31分に奥埜博亮が追加点。その後は隙のないゲーム運びでC大阪が勝ち進んだ。

ソニー仙台FCと相まみえた北海道コンサドーレ札幌は、小野伸二の先制FK弾や中島大嘉のハットトリックなど5-3で勝利。アビスパ福岡は鹿児島ユナイテッドFCに6-0、名古屋グランパスは三菱水島FCに5-0とそれぞれ完勝した一方、ベガルタ仙台はいわてグルージャ盛岡に0-1、ヴァンフォーレ甲府は福井ユナイテッドFCに1-2のスコアで敗れた。
天皇杯2回戦の結果と今後の日程は以下のとおり。

▼6月9日開催
川崎 1(4PK3)1 長野
千葉 1-0 大宮
横浜 2(3PK5)2 Honda FC
C大阪 2-0 鳥取
福岡 6-0 鹿児島
札幌 5-3 ソニー仙台FC
柏 3-0 栃木シティFC
京都 3-1 今治
北九州 0-1 相模原
名古屋 5-0 三菱水島FC
FC東京 1EX2 順天堂大
清水 1-0 福山シティFC
仙台 0-1 岩手
山形 1-2 ヴェルスパ大分
磐田 3-0 北海道十勝スカイアース
新潟 4-1 金沢
鳥栖 1-0 熊本
栃木 2-0 町田
長崎 2-0 沖縄SV
松本 1-0 琉球
湘南 0(4PK3)0 FC大阪
浦和 1-0 富山
徳島 2-1 高知ユナイテッドSC
水戸 0-3 群馬
大分 3EX2 ホンダロックSC
甲府 1-2 福井ユナイテッドFC
▼6月16日開催
広島×おこしやす京都AC
G大阪×関学大
横浜FC×八戸
東京V×岡山
神戸×鈴鹿ポイントゲッターズ
鹿島×YS横浜

構成●サッカーダイジェストweb編集部

【動画】「チラベルト思い出した」GK楠本のPKでHonda FCがマリノスに先制!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加