浦和レッズレディース 21年9月開幕「WEリーグ」参入申請

浦和レッズレディース 21年9月開幕「WEリーグ」参入申請

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/08/01

浦和レッズレディースが21年9月開幕の女子プロリーグ「WEリーグ」参入へ、申請手続きを済ませたことが31日、分かった。申請は同日に締め切られ、今後は審査を経て10月上旬の正式決定を待つ。日本サッカー初の秋春制が導入され、まずは6~10クラブが参加する見通し。

No image

19年12月、皇后杯準優勝に終わった浦和レッズレディースが記念写真に納まる(撮影・大塚 徹)

WEリーグはなでしこジャパンの強化、女子サッカー普及、女性の社会進出を目指して新設され、浦和のクラブ理念とも一致する。現在、なでしこリーグでも首位を走り、DF南、MF猶本、FW菅沢ら代表勢がそろう。国内の男女サッカーをリードする自負からも参入を決めた。埼玉県の女子サッカー人口は全国でも上位。プロ化が軌道に乗り浦和が躍進すれば女子サッカーの発展、選手の環境面などもより改善が見込めそうだ。既に日テレが参加を表明し、マイナビ仙台も入会申請したと発表した。浦和は新時代に突入する日本の女子サッカー界をけん引していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加