日本野鳥の会とコラボ、野鳥の名前が付けられた軽量三脚「SLIK PloverTarsus / AvocetTarsus」

日本野鳥の会とコラボ、野鳥の名前が付けられた軽量三脚「SLIK PloverTarsus / AvocetTarsus」

  • CAPA CAMERA WEB
  • 更新日:2022/11/25

関連:ナショナルジオグラフィックからスリムで軽量な三脚と一脚が登場

ケンコー・トキナーは、公益財団法人 日本野鳥の会とスリックの共同企画による三脚「PloverTarsus (プルーバーターサス)」と「AvocetTarsus (アボセットターサス)」を2022年11月18日に発売した。

No image

いずれも野鳥観察用のフィールドスコープ、双眼鏡、カメラの取り付けに対応する。アルミダイカスト製の本体部分に、日本野鳥の会のマークのレーザー彫刻を施している。

SLIK PloverTarsusu

「SLIK PloverTarsus (プルーバーターサス)」は、A.M.T合金製の脚パイプに、レバー式の伸縮ロックを持つ軽量三脚。雲台は上下・左右の動きを1本のパンハンドルで行う小型のフリーターン雲台「SH707E」を装備する。製品名の「Plover」は小型の水鳥である「チドリ」のことで、「Tarsus」は鳥の脚のかかとから指の部分を指す。希望小売価格は28,600円 (税込)。

No image

脚は4段伸縮式で、縮長は535mm。全高はエレベーターを下げた状態で1,340mm、エレベーターを上げれば1,630mmの高さが得られる。重量は1,785g。脚は3段階に開脚角度を調整でき、不整地への対応もしやすい。エレベーター下部にはウェイトフックがあり、バッグなどをぶら下げられる。

No image

脚とエレベーターを最大限に伸ばした状態の使用例

SH-707型雲台はカメラ台を左右に回転させることができるため、フィールドスコープで対象物を捉えた後の向きの調整も可能。このカメラ台には2軸水準器が設けられ、水平出しをスムーズに行うことができる。クイックシューには、機材のズレを防ぐためのビデオボスを装備する。

さらに、雲台本体側面にはU1/4インチ (U3/8インチにも対応) のアクセサリーホールがあり、市販のアクセサリーを使い、スマートフォンなどを取り付けることも可能。

[全高] 1,630mm [エレベーター下げ全高] 1,340mm [最低地上高] 270mm [縮長] 535mm [段数] 4段 [最大脚径] 23.4mm [最大搭載質量] 3kg [重量] 1,785g [付属品] 三脚ケース

SLIK AvocetTarsusu

「SLIK AvocetTarsus (アボセットターサス)」は、カーボンパイプの脚に、ナット式の伸縮ロックを持つ軽量三脚。「PloverTarsus」より重い機材に対応できる。雲台は上下・左右の動きを1本のパンハンドルで行う小型のフリーターン雲台「SH707E」を装備。製品名の「Avocet」は脚の長い水鳥「ソリハシセイタカシギ」のことで、「Tarsus」は鳥の脚のかかとから指の部分を指す。希望小売価格は48,400円 (税込)。

No image

脚は4段伸縮式で、縮長は540mm。全高はエレベーターを下げた状態で1,395mm、エレベーターを上げれば1,720mmの高さが得られる。重量は1,715g。脚は3段階に開脚角度を調整でき、不整地への対応もしやすい。

No image

脚とエレベーターを最大限に伸ばした状態の使用例

SH-707型雲台はカメラ台を左右に回転させることが可能。このカメラ台には2軸水準器が設けられ、水平出しをスムーズに行うことができる。クイックシューには、機材のズレを防ぐためのビデオボスを装備する。

さらに、雲台本体側面にはU1/4インチ (U3/8インチにも対応) のアクセサリーホールがあり、市販のアクセサリーを使い、スマートフォンなどを取り付けることも可能。

[全高] 1,720mm [エレベーター下げ全高] 1,395mm [最低地上高] 260mm [縮長] 540mm [段数] 4段 [最大脚径] 25mm [最大搭載質量] 4kg [重量] 1,715g [付属品] 三脚ケース

小田切裕介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加