エンゼルスがウェブとマイナー契約 大谷翔平が来オフFA、球団は今オフ積極補強続ける

エンゼルスがウェブとマイナー契約 大谷翔平が来オフFA、球団は今オフ積極補強続ける

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/11/28
No image

MLB公式球

エンゼルスが、21年に5勝を挙げている救援右腕ジェイコブ・ウェブ投手(29)とマイナー契約に合意した。24日(日本時間25日)、MLBコムなどに寄稿するロバート・マレー記者がツイッターに投稿した。

ウェブは14年ドラフト18巡目でブレーブス入団。19年にメジャーデビューし、36試合に登板、4勝0敗2セーブ、防御率1.39と活躍した。21年には5勝4敗1セーブ、防御率4.19でブ軍のワールドシリーズ優勝に貢献した。

22年は4月にウエーバーでダイヤモンドバックスに移籍したが、6月にはブ軍に復帰。メジャー登板はなかった。マイナーでは34試合に登板し、2勝3敗、防御率6.06だった。メジャー通算では76回2/3で71三振を奪っており、奪三振率は8・3。エ軍のミナシアンGMは以前、ブ軍のフロントで働いており、ウェブの特長を熟知している。

大谷翔平投手(28)が来年オフにFAとなるエ軍は、今オフに積極補強を続けている。これまでドジャースからFAの左腕アンダーソン投手、トレードでツインズからウルシェラ内野手、ブルワーズからレンフロー外野手を獲得している。救援投手は今季のチーム防御率が3.95でリーグ11位。補強ポイントの1つとなっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加