FAのヘイワード、4年125億円でホーネッツへ ロンドはホークス

FAのヘイワード、4年125億円でホーネッツへ ロンドはホークス

  • AFPBB News
  • 更新日:2020/11/22
No image

米プロバスケットボール、シャーロット・ホーネッツへの移籍を伝えられたゴードン・ヘイワード(2020年9月18日撮影)。

【AFP=時事】米プロバスケットボール(NBA)、今フリーエージェント(FA)市場の目玉であるゴードン・ヘイワードが、4年総額1億2000万ドル(約125億円)の契約でシャーロット・ホーネッツへ移籍すると、米スポーツ専門チャンネルESPNが報じた。

ヘイワードの代理を務めるプライオリティー・スポーツ社は、「@gordonhaywardが@hornetsと条件で合意したことを祝福する!」と移籍を認めるツイートをしている。

ヘイワードは19日、3420万ドル(約35億5500万円)の来季のプレーヤーオプションを破棄し、ボストン・セルティックスからFAになっていた。

2017年に4年契約でセルティックスに加入したヘイワードだが、デビュー戦で負った足首の重傷に始まり、ボストンでは故障に悩まされた。同シーズンの残りを全休し、むらのある2018-19シーズンを送った後、新型コロナウイルスの影響を受けた2019-20シーズンは52試合に出場し、1試合平均17.5得点、6.7リバウンド、4.1アシストを記録した。

プレーオフではフィラデルフィア・セブンティシクサーズとの1回戦初戦で右足首を捻挫し、再び戦線を離脱。それでもマイアミ・ヒートとのイースタンカンファレンス決勝途中で復帰を果たしたが、チームは第6戦で敗れた。

NBAのFA交渉は20日に始まったが、契約が解禁される22日まで最終的なサインはできない。

その他では、ロサンゼルス・レイカーズで2シーズンを過ごした34歳のレイジョン・ロンドが2年1500万ドル(約15億6000万円)と報じられる契約でアトランタ・ホークスに移籍する見通しとなった。

また、トロント・ラプターズはフレッド・バンブリートと4年8500万ドル(約88億円)の大型契約を結ぶ用意をしていると、カナダメディアが伝えている。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加