【ジャパンC】アーモンドアイが1週前追い切り 帰厩後の初時計

【ジャパンC】アーモンドアイが1週前追い切り 帰厩後の初時計

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22
No image

ルメールを背に併せ馬を行ったアーモンドアイ(撮影・三好信也)

「ジャパンC・G1」(29日、東京)

このレースがラストランとなるG1・8勝馬アーモンドアイが20日、帰厩後の初時計をマークした。

阪神でのレース前日にもかかわらず、美浦トレセンに駆けつけたルメールを背にWコースへ。先行したボスジラ(4歳オープン)の白い馬体を目標にしながら、道中は折り合い重視で運ぶ。最後まで仕掛けることなく馬なりのまま、ゴール後に僚馬に追いつくように流してフィニッシュした。

タイムは5F67秒8-39秒0-13秒1。鞍上は「きょうは軽めの追い切り。大事なことはリラックスすること。テンションが上がってなかったし、息遣いもちょうど良かった」と満足そう。国枝師は「時計的にもちょうどいい。来週はもうちょっとやるよ」と最終追い切りに向けて気を引き締めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加