鹿児島 聖火リレー関係者6人が新型コロナ感染 奄美市と霧島市で交通整理業務担当

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/01

東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、鹿児島県で行われた聖火リレーの業務に従事していた関係者6人に新型コロナウイルスの陽性があったことを発表した。いずれも27日に行われた鹿児島県内の聖火リレーの交通整理業務を担当していた。

そのうち3人は奄美市内、残る3人は霧島市内で業務にあたっていたという。

聖火リレー関係者の新型コロナウイルス感染はこれまで香川県、愛媛県で1人ずつが確認されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加