半年で超速解雇...「ダーヴィッツ監督、ヤバかった」会長が強烈批判

半年で超速解雇...「ダーヴィッツ監督、ヤバかった」会長が強烈批判

  • Qoly
  • 更新日:2021/07/21
No image

昨季途中にポルトガル3部リーグを戦うオリャネンセの監督に就任した元オランダ代表MFエドガー・ダーヴィッツ氏。

指揮した19試合で8勝し、3部残留プレーオフ(ポルトガルでは今季リーグ再編が行われるため、3部クラブの多くが4部に編入される)に臨むものの、わずか1ポイントの差で届かず。今季は新設される4部リーグを戦うことになった。

そして就任から7ヶ月後、オリャネンセはダーヴィッツ監督の解任を発表。『Mirror』によれば、クラブの会長を務めるルイス・トーレス氏はファンに向けてこのようなメッセージを公開していたそう。

ルイス・トーレス(オリャネンセ会長)「エドガー・ダーヴィッツの就任は、スポーツディレクターによって押し付けられたものだ。彼の到着はクラブを財政的に良くするはずだったが、そうなったという証拠も私は見ていない。スポーツ面の観点から言えば、彼の任命は惨事だった。そうなることは予想できたが、我々には多くの選択肢がなかった。正直に言えば、我々の監督は、選手との絆を強めたり、チームに正確なプレースタイルを学ばせたりすることはできなかった。エドガー・ダーヴィッツは選手として豊かな経験を持っている人物だが、それはコーチとしての資質とはなんの関係もない」

【写真】超名選手なのに、名監督にもなった10名のスター

ダーヴィッツ氏はイングランドのバーネットで選手兼監督として指揮を執ったあと、昨年テルスターでアシスタントコーチを経験し、1月にオリャネンセの指揮官となっていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加