【定山渓】ここでしか味わえない和食ランチのひとときを楽しむ「食堂いち」

【定山渓】ここでしか味わえない和食ランチのひとときを楽しむ「食堂いち」

  • リビング札幌Web
  • 更新日:2022/09/23

皆さんご存じの「定山渓温泉」。札幌中心部から車で約50分、“札幌の奥座敷”と呼ばれ、市内を流れる豊平川の上流にあり、川底から温泉が湧きでる人気の高い温泉街です。豊かな自然に恵まれ、渓谷の四季を思う存分楽しめるスポットが数多くあります。

紅葉のシーズン間近、これからますますたくさんの人が訪れることかと・・・そんな定山渓にこの8月にオープンしたホットなお店を訪ねました。

個性豊かなお店の集まる「山ノ風マチ」

宿泊施設だけではなく、レストランやカフェなど今までとは違った定山渓を体験できる地域があります。このエリア は「山ノ風マチ」と名付けられ、この数年の間にオープンした魅力あるお店が集まっています。まだまだ、建設中・・・これからもオープンを控えたお店があるようです。

No image

2022年8月には「風マチビルヂング」がオープン。原生林に囲まれたウッドデッキが、ビルに続いています。季節ごとに変化していく色彩が目を楽しませてくれそう♪

No image

周りの風景に溶け込んだ外観。

No image

この「風マチビルヂング」は:

「ここにしかないモノが必ずあること」「定山渓の自然と調和していること」

「楽しい時間をつくる工夫がされていること」

この3つを大切にしたお店が入居します

シックな雰囲気の店内

そのビルの2階にあるのが「食堂いち」さんです。一文字の書かれたのれんがお店への入り口。

No image

お店に入るまでのインテリアがめちゃめちゃオシャレ~だわ。もちろん、食関連の本が並んでいます。

No image

カウンター席とテーブル席が約40席。

No image

カウンターの前にオープンキッチン、調理する流れを見ることができます。

No image

炭焼き鶏定食

メニューを見て迷いましたが、頼んだのは炭焼き鶏定食(1870円)。

No image

定食には、付け合わせがついてきます。出汁豆腐、茶碗蒸し、スパイシー大根、焼麩、どれも手の込んだ味付けでとても美味しい。ごはんとおみそ汁、ひと工夫されたお漬物。

No image

そして、メインは新鮮な野菜が添えられた炭焼き鶏。香ばしく焼かれ、かなりのボリュームで、美味しくいただきました。

No image

食堂のまかない丼

平日10食限定のまかない丼を食べるべく、一目散へとお店に。この日のまかない丼(1320円)は、豚みそそぼろ丼。日によって変わります。

No image

おみそ汁とお漬物がつきます。

半熟の煮玉子がピリッと感じる辛さをまろやかにしてくれました。

No image

使われている器は、「第一寶亭留グループ」さんの自社工房「翠山窯」で焼かれたものです。店内で購入可能な器もあります。

No image

丼のサイズがちょうど良く、大好きな淡いブルーの色合いが気に入って、おうち用に買ってきました。器がお気に入りだと、料理にも気合いが入りそう・・・かも(笑)

日常のあわただしさを忘れさせてくれる自然に囲まれた空間でいただくランチ。お店のこだわりが至る所に感じられ、そしてスタッフの方々の接客態度が心地よく、優雅な時間を過ごすことができます。

ぜひ、定山渓へ寄られた際は、「食堂いち」さんで美味しいランチのひとときを。

No image

「第一寶亭留グループ」さんがこれから展開する店舗にますます目が離せませんワ♥

♦食堂いち

北海道札幌市南区定山渓温泉西2丁目2 風マチビルヂング2階

じょうてつバス 定山渓大橋 停 徒歩4分

営業時間:11:00~15:00

定休日:火曜日

駐車場:風マチビルヂング隣20台完備

Instagram :www.instagram.com/shokudo_ichi

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加