「東京コミコン」3年ぶりにリアル開催! “200円くじ”など行列できる盛況っぷり

「東京コミコン」3年ぶりにリアル開催! “200円くじ”など行列できる盛況っぷり

  • クランクイン!トレンド
  • 更新日:2022/11/25
No image

「東京コミコン2022」が3年ぶりにリアル開催! <画像をもっとみる>

テクノロジーとポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2022(以下、東京コミコン2022)」が、11月25日(金)から3日間、千葉にある幕張メッセで開催。今年は3年ぶりのリアル開催ということで、会場は例年以上の熱気に包まれている印象です。今回は、初日から早くも行列ができていた人気ブースや注目ブースをピックアップしてご紹介します。

【写真】コスプレ姿のスタッフも! 「東京コミコン2022」の様子まとめ

■200円くじが大人気!

初日に行列が絶えなかったのが、人気キャラクターのオリジナルグッズが必ず当たる「Happyくじ」のブース。

ここでは、12月20日(火)から発売される「Happyくじ/MARVEL Infinity SAGA」のフィギュア展示と、オリジナルカードが当たる「Happyくじ ムジョルニアみくじ」の販売が行われています。

この1回200円(税込)の「Happyくじ ムジョルニアみくじ」が大盛況。ソーのハンマー“ムジョルニア”を振ると、番号が書かれた棒が出現し、全50種類の中から該当する番号のカードをゲットすることができます。上限5回の中で、推しやキラキラカードが出るか…このハラハラが楽しい!

■現地でしか味わえない感動

また、国内外のゲストから人気があったのが、キャラクターコンテンツの魅力をさまざまな製品で発信する“プライム1スタジオ”のブース。

新旧130体以上の巨大スタチューが集結した広々としたブースでは、訪れたゲストの驚きと感動の声、そしてシャッターを押す手が止まりませんでした。

並んだスタチューは、マーベルやDCなどのアメコミのほか、『チェンソーマン』や『僕のヒーローアカデミア』などのアニメ、『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』や『DEATH STRANDING』などのゲーム、『ロード・オブ・ザ・リング』などの映画といったようにジャンルはさまざま。6ケタ超え当たり前の高級スタチューが並んだ本ブースでは、現地に行ってこその迫力を感じることができるでしょう。

■グッズもアツい!

展示だけでなく、物販もアツいのが「東京コミコン2022」。中でも、Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』が特に人気で、本作のグッズを取り扱う、「PGS DRAMA ストレンジャー・シングス特集」やエンスカイのブースには、入場列やレジ列ができていました。エンスカイには、「東京コミコン2022」限定のTシャツやステッカーなども。

また、つい先日SB C&Sという会社が、コレクタブルフィギュア「Funko」の取り扱いをスタートさせ、今回の「東京コミコン2022」にブースを出店しました。大きな目がかわいい2等身フィギュア「Funko POP!」がずらりと並ぶ姿は圧巻。マーベル、DC、海外ドラマ、ディズニー、大谷翔平などスポーツ選手まで、さまざまなキャラクターや人物がフィギュア化されています。限定モデルなどレア商品もまざっているので、ファンはぜひチェックを!

それから、DCブースでは、12月2日(金)公開の映画『ブラックアダム』と2023年3月17日(金)公開予定の『シャザム!~神々の怒り~』のムビチケセットが販売されています。3000円(税込)で『ブラックアダム』のオリジナルコミック(英語)と、『シャザム!~神々の怒り~』のミニポスターが特典として付いてくるので、かなりお得です。

3年ぶりにリアル開催された「東京コミコン2022」は、積もりに積もった3年分のオタク心を解放させるイベントとなりました! 改めて、さまざまな“好き”のエネルギーが集まる「東京コミコン」は、何ものにも代えがたい場所だったことを感じさせます。

クランクイン!トレンド

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加