矢野監督ドラフト戦略明かさず「言えることないよ」

矢野監督ドラフト戦略明かさず「言えることないよ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/10/17
No image

練習を見守る矢野燿大監督(撮影・上田博志)

阪神矢野燿大監督が26日ドラフト会議への戦略を伏せた。「球団も戦略もあるし、人によって何がというのは変わる部分もあって当然やと思うし、それは何も今言えることはないよ」。

1位候補には近大・佐藤輝明内野手(4年=仁川学院)、早大・早川隆久投手(4年=木更津総合)、トヨタ自動車・栗林良吏投手(24=名城大)らが挙がっているとみられる。阪神は3年連続で1位で競合しているが「いい選手は競合する。当たり前のことやし、どうするかというのはこれからのことなので」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加