ためらわずに相談して...全国DV相談件数2020年度過去最多 津山にDV相談窓口開設【岡山・津山市】

ためらわずに相談して...全国DV相談件数2020年度過去最多 津山にDV相談窓口開設【岡山・津山市】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/04/06
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

新型コロナウイルスの影響で、ドメスティックバイオレンス、「DV」が社会問題となる中、4月、津山市に岡山県北で初めてのDV専門の相談窓口が開設されました。1人で悩まずに相談してほしいと呼びかけています。

(竹下美保記者)

「これまで県北になかったDV相談窓口が2021年度新たに開設されました。」

開設されたのは「津山配偶者暴力相談支援センター」です。

専用の電話番号で相談を受け付け、相談員が被害者の安全確保などそれぞれのケースに合わせて支援します。

(津山配偶者暴力相談支援センター 佐古晶子センター長)

「潜在的に我慢している人が多いと考えているので、そういう方に是非センターができたのでためらわずに相談してほしい。」

全国のDV相談件数は、2020年度、過去最多となりました。岡山県でも、コロナ禍で、外出の自粛が求められた時期は前の年を大きく上回りました。

岡山県内には、これまで岡山市と倉敷市に4カ所、DV専門の窓口がありましたが、必要性の高まりを受けて2021年度から県北にも設置されることになりました。

センターでは、警察や弁護士、民間シェルターの運営団体などと連携しながら、きめ細やかな対応を進めることにしています。

(津山配偶者暴力相談支援センター 佐古晶子センター長)

「暴力から逃げたい、シェルターに入りたいというのであれば、その方法について一緒に考えて案内したい、例えば子供が学校を卒業した時別居したいというのであれば、そこに向けて色々準備しておくこと、手続きをご案内して一緒に考えていくという形。」

相談は、ご覧の日程で受け付けています。

(津山配偶者暴力相談支援センター 佐古晶子センター長)

「一人で我慢しないで助けを求めてほしい。」

*「津山配偶者暴力相談支援センター」

0868-31-2552

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加