吉野北人“赤松店長”の胸キュン台詞に「惚れちゃう」

吉野北人“赤松店長”の胸キュン台詞に「惚れちゃう」

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2021/09/15
No image

吉野北人(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)が主演を務めるドラマ『トーキョー製麺所』(MBS、毎週火曜24:59~/TBS、毎週火曜25:28~)。9月14日に放送された第2話では、吉野演じる元ホテルマンの店長・赤松幸太郎の胸キュンな言葉にSNS上で反響が寄せられた(以下、ネタバレが含まれます)。

【動画】『トーキョー製麺所』の最新回を視聴する

ちょっぴり問題を抱えたうどんチェーン店「トーキョー製麺所」を舞台に、5人の男女の奮闘ぶりがシニカルかつコメディタッチで描かれる青春グルメ群像劇。

我流を崩さない赤松に、従業員たちの不満は爆発寸前。「店を潰しに来たのではないか」と噂まで飛び出す。さらには厨房の冷蔵庫が異常な音を立てる怪奇現象が。途方にくれる従業員たちを前に、実家が家電店のアルバイト・桃田凛(秋田汐梨)はこれを一瞬で直してしまうが、なぜかソワソワと落ち着きがない。

「まさか、あの元カレ? あの貢ぎまくってた……」という声に「違う違う、関係ないですから」と否定する桃田だったが、翌朝になって突如無断欠勤し、姿をくらませてしまう。赤松が聞き取り調査に乗り出すと、従業員から「朝がつらいと言っていた」「最近服装が派手になった」と、次々証言が飛び出す。

バイトリーダーの青井春翔(栁俊太郎)から「駅前で髪型を縦ロールにした桃田らしき人物を見た」との証言を得た赤松は、駅前のキャバクラで働く桃田を発見。桃田は「元カレとヨリを戻す」と話し、「桃田さんが? お金が?」と首を傾げる赤松を前に退職を一方的に告げ、赤松はこれを受け入れてしまう。

猛反発する従業員たちを前に赤松は「自分が代わりになる」とレジを打つが、現場は大混乱。赤松は桃田によって店が回っていたことに気づき、桃田のもとへと走り「あなたが必要です」と腕を掴んで走り出し……。

SNS上では、赤松の言葉に心打たれた人が多く「北人に腕掴まれたい」「惚れちゃう」「迎えに行く店長格好よかった」などの声が寄せられた。

次回第3話は、9月21日に放送。奥山かずさが釜玉うどんを注文する常連客・釜本玉子役で出演する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加