数年に一度の寒気 宮城県内でも交通機関に影響 塩釜市内で1人けが

数年に一度の寒気 宮城県内でも交通機関に影響 塩釜市内で1人けが

  • 仙台放送ニュース
  • 更新日:2023/01/25
No image

仙台市内

強い冬型の気圧配置の影響で1月25日の宮城県内は雪の降っているところが多くなっています。26日にかけて、雪を伴った西よりの風が強い見込みで25日夕方にかけて

大雪による交通障害に注意が必要です。【25日午前9時時点】

消防によりますと、塩釜市内で80代の男性が、路面で転倒し、額を切るなどのけがをして病院で手当てを受けました。

この大型寒波の影響で、宮城県内の交通機関にも影響が出ています。

JR東日本によりますと、大雪が見込まれるため、陸羽東線の「鳴子温泉」から「新庄」までの区間で、25日は終日運転を見合わせています。

また、空の便では関西空港・出雲空港発仙台空港行きの合わせて2便が欠航しています。

仙台空港を出発する便に関しては平常通り運航しています。

また、高速道路では三陸自動車道の桃生豊里ICから三滝堂ICまでを除き、宮城県内の全てのエリアで50キロ規制がかけられています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加