日本代表・森保監督、セルビア戦は「U-24戦のスタメンが中心」と明言

日本代表・森保監督、セルビア戦は「U-24戦のスタメンが中心」と明言

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10
No image

森保一監督

サッカー日本代表の森保一監督が10日、セルビア戦(11日、ノエスタ)に向けたオンライン会見に臨んだ。

日本代表が国内で欧州勢と対戦するのは2016年6月のボスニア・ヘルツェゴビナ戦以来、約5年ぶり。森保ジャパン発足後はアウェー戦も含めて初めてとなる。選手選考について「全員ではないですが、U-24戦のスタメンが中心」と明言。MF南野やMF鎌田らの先発が濃厚になった。

一方、U-24日本代表戦に先発したFW大迫は左内転筋の違和感で9日に離脱。指揮官は「無理をしてけがが悪化すると、所属するクラブの来シーズンにも影響する。われわれにとっても戦力ダウンになりかねない。大迫自身はやりたがっていたが、我慢してもらって離脱を決定しました」と説明した。大迫不在で臨むセルビア戦では「最終予選に向けて、戦い方の幅を広げるいい機会だとポジティブにとらえています」と他の選手の活躍に期待した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加