故ヴァージルが「マイバッハ」と作ったオフロードクーペのルールに則らない魅力

故ヴァージルが「マイバッハ」と作ったオフロードクーペのルールに則らない魅力

  • OCEANS
  • 更新日:2022/01/15
No image

2021年11月に、41歳で惜しくも急逝したヴァージル・アブロー。

No image

ルイ・ヴィトンのメンズ アーティスティック・ディレクターでもあった彼に敬意を表し、メゾンは翌月、彼が手掛けた最後のメンズコレクションをマイアミで発表した。

ルイ・ヴィトンと同じ12月に、やはり生前の彼の意思を披露したブランドがある。

メルセデス・ベンツの高級車ブランド、マイバッハだ。

「ルールを変える」。あらゆる所に、ヴァージルの意思が

No image

ヘッドライトと同じデザインのオフロード用ライトがルーフ上と、バンパーに備わる。

メルセデス・ベンツは彼と、マイバッハのラグジュアリーなアイデンティティーを新しいデザイン言語で解釈することを模索していたようだ。

「プロジェクト・マイバッハ」と銘打たれたその車は、2シーターのオフロードクーペ。伝統的な高級ブランドであるマイバッハを、オフロードの環境下で再文脈化したものだという。

全長が約6mというラージクラスのクーペというだけで贅沢だが、そんな車で、小キズも厭わすオフロードへ出掛けるのもまた贅沢。

No image

スーツケースのようなシェルで覆われたシート。ドア内側に備わるのはオリジナルの手斧。

メルセデス・ベンツ曰く「挑発的なデザインで話題を呼ぶことを恐れないアブローは、現状に挑戦し、魅力的なデザインのルールブックを書き換える情熱を持っていた」。

確かに、全長約6mもある大型クーペにもかかわらず、乗車定員はわずか2名。バッテリーで走る電気自動車で、大きくて肉厚なオフロードタイヤとルーフ上のラックやオフロード用ライトが印象的だ。

既存のSUVとも、あるいはラグジュアリーなクーペともまったく異なるフォルムだが、ハズしの美学の真骨頂と言うべきそのスタイルは、どう見てもカッコいい。

No image

キャビン部分はすべて透明になっている。前後に備わるアンダーカバーもクーペには新鮮。

--{aa}--

ルールブックにとらわれない“ヴァージル効果”

こんな「クーペなんだけどオフロードカー」といえば、先日紹介したポルシェケイマンの「By S 987C」や、アルファ・モータースの「ジャックス」など、最近ちょっとキテる気がする。

そんな空気を読み取れたのは、畑違いのヴァージルがいたからこそだろう。

No image

キャビンを覆うようにパイプが組まれていて、そこにルーフラックやオフロードライトが備わる。

さらに後付け感を出すためだろう、ビスうちされたオーバーフェンダーに、鉄チンのようなボディ同色のアルミホイール、丸いパイプ状のサイドステップなど、ラグジュアリーブランドである従来のマイバッハにはないアイテムが採用されている。

これもやはりルールブックにとらわれない“ヴァージル効果”か。

No image

長いボンネットには、電気自動車の航続距離を延ばすために太陽光発電パネルが備わる。

メルセデス・ベンツは「より良い、より包括的な未来を想像するための異業種間の対話の力を、日々探求するインスピレーションを与えてくれたヴァージル・アブローに感謝しています」としている。

そのヴァージルへの感謝と彼を惜しむ気持ち、ぜひ市販車というカタチにして、我々にも分けてほしい。

OCEANS編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加