西武、最大6点差追いつきドロー プロ初登板の渡辺勇太朗が流れ呼んだ

西武、最大6点差追いつきドロー プロ初登板の渡辺勇太朗が流れ呼んだ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/06/10
No image

3番手で登板した渡辺が好投を見せ、勝利への流れを呼び込んだ(撮影・尾崎修二)

(セ・パ交流戦、西武8-8DeNA=九回規定により引き分け、2回戦、西武1勝1分、9日、メットライフ)西武は最大で6点のビハインドを追いつき、価値あるドローで終えた。流れを呼んだのは4-8の五回からプロ初登板した埼玉・浦和学院高出身の3年目、渡辺勇太朗投手(20)だった。

「100点に近い投球ができたんじゃないかと思います。この投球を続けていきたい」

191センチ、91キロの大型右腕は151キロをマークした力のある直球と、精度の高いカットボールを中心にDeNA打線をテンポよく料理した。渡辺の好投に乗せられた西武打線は六回に2死から3連打で2得点、七回にメヒアと呉念庭の連続適時打で追いついた。

デビュー戦で3回2安打無失点と結果を残した渡辺について、辻監督は「今は先発投手が苦しいからね。そこも視野に入れながら『どうかな?』というところで3回投げさせているからね」と先発の可能性に含みを持たせた。巨人・戸郷、中日・根尾ら同世代の若手が活躍する中、2019年にドラフト2位で入団した渡辺がチームを活気づける満点デビューを飾った。(湯浅大)

試合結果へプロ野球日程へ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加