夫の束縛が激しくて出掛けられない妻...義理兄夫婦を思う52歳女性のお悩みに住職・名取さんが回答

夫の束縛が激しくて出掛けられない妻...義理兄夫婦を思う52歳女性のお悩みに住職・名取さんが回答

  • ハルメク365
  • 更新日:2023/03/19

読者のお悩みに専門家が答えるQ&A連載。今回は52歳女性の「義理兄の義理姉への束縛が激しくて、一緒に出掛けることもできない…」という悩みに、仏教の教えをわかりやすく説いて「穏やかな心」へ導く、住職・名取芳彦さんが回答します。

No image

52歳女性の「義理兄の義理姉への束縛がすごい…」というお悩み

夫の兄、私にとっては義理兄にあたるのですが、束縛がきつく、義理兄の妻(義理姉)と二人で出掛けたり、遊んだりしたいのに、なかなか叶いません。

義理兄は義理姉のLINEもチェックしているようで、プライベートな話もできないので、困っています。

義理姉もつらいらしく、誰にも連絡もできないし自分の意志で出掛けることもできない……と嘆いています。

義理の兄がもっと彼女を信じて自由にしてあげたらいいのに……と思うのですが、私に何かできることはあるのでしょうか……。

(52歳女性・よもぎんさん)

名取さんの回答:義姉(おねえ)さんに寄り添い続けて

No image

夫からの束縛のために誰にも連絡できず、自分の意志で出掛けることもできない義姉(おねえ)さんの嘆きは、ごもっともです。

義姉さん夫婦は最初からそのような関係だったのでしょうか。妻を信用できず、自由にさせられない、監視せざるをえないようなことが過去にあったのかもしれないと、つい想像してしまいます。

そのことについては、誰にも何も言っていないし、言えないのかもしれません。

いずれにせよ、それは義兄姉夫婦が二人で解決しなければならない問題でしょう。

現在の状況で、義姉さんのためにできることの一つは、義兄(おにい)さんにチェックされてもいい内容のメッセージを送ることでしょう。

義姉さんがプライベートな内容は書けなくても、よもぎさんがどこかへ出掛けたときの写真や感想くらいは送れるでしょう。文末に「今度、一緒に行きましょう!」と付け加えればいいと思います。

義姉さんにしてみれば、「義妹から誘われたから出掛けてくる」という言い訳くらいには使ってもらえるかもしれません。

返事は期待せず、日記気分でLINEし続けても

No image

Twitter(SNS)気分で、よもぎさんが体験したこと、感激したことなどを義姉さんにLINEで頻繁に送ることもできるでしょう。

もちろん、義兄さんがチェックするのを前提にした内容です。公開を前提にした日記を書くようなものです。ただし、ご主人から内容をチェックされている義姉さんからの返信は期待しない方がいいでしょう。

よもぎさんから送り続けるだけでも、義姉さんにとっては、寄り添ってくれて、気にかけてくれている人がいると感じてもらえると思います。

義兄さんは義姉さんに、よもぎさんからのLINEをブロックするように迫るかもしれませんが、それは義兄姉夫婦の問題です。

あるいは、よもぎさんのご主人に「止めさせろ」と言ってくるかもしれませんが、その対応はご主人に任せればいいでしょう。

よもぎさんに直接言ってくるかもしれませんが、その場合は「子どもじゃあるまいし、大の大人が自分の意志でやっていることです」と跳ねのければいいでしょう。

家に遊びに行って不満を聞いてあげても

No image

義姉さんの家に遊びに行く方法もあります。よもぎさんが義兄さんに嫌われていなければ、断られる理由はありません。

その場で、義姉さんと出掛ける予定を立ててしまえば、さすがの義兄さんも「ダメ」とは言わないでしょう。

仮によもぎさんが嫌われていて、遊びに行ったときに義兄さんが外出してしまうようなら、義姉さんの不満を思いっきり聞いてあげるチャンスです。

義理とはいえ、縁あって姉妹になったお二人。義兄さんを追い込んで孤立無援にさせないように注意しながら、つらい境遇の義姉さんの味方であり続けられたらいいですね。

回答者プロフィール:名取芳彦さん

No image

なとり・ほうげん 1958(昭和33)年、東京都生まれ。元結不動・密蔵院住職。真言宗豊山派布教研究所研究員。豊山流大師講(ご詠歌)詠匠。写仏、ご詠歌、法話・読経、講演などを通し幅広い布教活動を行う。日常を仏教で“加減乗除”する切り口は好評。『感性をみがく練習』(幻冬舎刊)『心が晴れる智恵』(清流出版)など、著書多数。

ハルメク365編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加