『ナイト・ドクター』に軍配!?『TOKYO MER』に足りない“リアリティー”

『ナイト・ドクター』に軍配!?『TOKYO MER』に足りない“リアリティー”

  • まいじつ
  • 更新日:2021/07/22
No image

画/彩賀ゆう

7月19日、波瑠主演の月9ドラマ『ナイト・ドクター』(フジテレビ系)の第5話が放送された。同クールに放送されている鈴木亮平主演の医療ドラマ『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(TBS系)に逆転勝利をおさめるかもしれない。

【関連】『TOKYO MER』危機感ゼロの“決め台詞”に批判「マジで嫌」「冷める」ほか

両作は共に〝緊急医療〟をテーマにしたドラマのうえ、新設の医療チームが主人公などであることから、何かと比較されることが多かった。さらにストーリーが進む中で、夏祭りの爆発事故という事件が丸かぶりしたため、比較する声はより一層高まることに。そして、

《TOKYO MERは見てて面白い。ナイト・ドクターは見てられないイライラしちゃう》《TOKYO MER観たら、ナイト・ドクターの続きとかどうでもよくなっちゃったなー》《どうやら『TOKYO MER』の圧勝っぽい。 今後『ナイト・ドクター』に逆転の可能性はなさそう》《TOKYO MER良過ぎてナイト・ドクターの陳腐さが際立つな》

など、制作費で勝る日曜劇場の『TOKYO MER』が勝利だとする声が多かったのだが…。

医療ドラマだけと全然違う2作

「話が進んでいくにつれて、ドラマファンの間で評価が逆転する現象が起こっています。『TOKYO MER』が派手な展開を描くばかりで、ストーリー的に何も展開しないのに対し、医者の心理描写を細かく描いている『ナイト・ドクター』は、物語に厚みが出てきているのです。特撮ヒーローもののような『TOKYO MER』と、人間ドラマを描く『ナイト・ドクター』では、そもそも比較の対象とならないくらい別のドラマとも言えそうですが…」(芸能記者)

「ナイト・ドクター」第5話と「TOKYO MER」第3話を比較すると、両ドラマの決定的違いも見えてくる。「ナイト・ドクター」では、田中圭演じる医者が「患者やその家族の前で『絶対に助ける』などと二度と口にするな。医療に絶対はない」と後輩に指導していた。対して「TOKYO MER」では菜々緒演じる看護師が、娘を心配する母親に対して「娘さんは必ず助けます、絶対に。約束しますから」と言い切ってしまっていたのだ。

リアリティーのある展開を重視する視聴者にとっては、「ナイト・ドクター」に軍配があがりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加