鎌田が先制点演出も逆転負けで2回戦敗退 ドイツ杯

鎌田が先制点演出も逆転負けで2回戦敗退 ドイツ杯

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/01/13
No image

前半6分、先制点を挙げたEフランクフルトFWユネス(中央)(ロイター)

<ドイツ杯:レーバークーゼン4-1Eフランクフルト>◇2回戦◇12日◇レーバークーゼン

MF長谷部誠、MF鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトがレーバークーゼンに1-4で逆転負けし、2回戦で敗退した。

前半6分に鎌田のペナルティーエリア右からのクロスをFWアンドレシウバが左足のワンタッチでつなぎ、FWユネスが押し込んで先制したが、同27分にハンドでPKを献上して同点に追いつかれ、後半に3失点して突き放された。

先制点を演出した鎌田は後半25分までプレー。長谷部はベンチ入りしたが出場機会はなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加