楽天浅村“ほぼ本塁打”フェンス最上部に同点適時二塁打「ちょっと詰まり」

楽天浅村“ほぼ本塁打”フェンス最上部に同点適時二塁打「ちょっと詰まり」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/03
No image

ソフトバンク対楽天 5回表楽天2死一、三塁、浅村は同点に追いつく中越え2点適時二塁打を放つ(撮影・岩下翔太)

<ソフトバンク4-7楽天>◇3日◇ペイペイドーム

楽天の浅村栄斗内野手(30)がフェンス最上部に当たる“ほぼ本塁打”の同点適時二塁打を放った。

2点を追う5回2死一、三塁で、二保の初球を捉えた打球は、中堅左のフェンス最上部に当たりグラウンドに跳ね返った。審判団のリプレー検証も判定通り二塁打として試合が再開。柵越えまであと数センチだったが「一球で仕留められてよかった。ちょっと詰まっていたので」と悔いはない。ソフトバンク戦は今季初勝利。マルチ安打で打率を3割4分に上げた頼れる主砲が、ワシンガン打線をけん引する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加