ボートに衝突し転覆させた疑い 横須賀海保、作業船の男性船長を書類送検 そのまま現場立ち去るも衝突痕から特定

ボートに衝突し転覆させた疑い 横須賀海保、作業船の男性船長を書類送検 そのまま現場立ち去るも衝突痕から特定

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2023/01/25
No image

プレジャーボートに衝突し転覆させたとして、横須賀海上保安部は25日、業務上過失往来危険の疑いで、横須賀市に住む40代の男性船長を書類送検した。

書類送検容疑は昨年11月11日午前8時55分ごろ、横須賀港内で作業船兼交通船(長さ14・5メートル、総トン数10トン)を操船中、プレジャーボート(長さ5メートル)に衝突し転覆させた、としている。

海保によると、ボートでは男性1人が釣りをしていたが、衝突直前に海に飛び込み、近くにいた遊漁船に救助された。同船はそのまま現場を立ち去ったが、衝突痕などから特定した。けが人はなかった。

男性船長は「衝突したという認識がなかった」などと供述しているという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加