東方神起、1年ぶりのテレビ出演も「チャンミンの結婚の話はNG」エイベックスとの不和も?

東方神起、1年ぶりのテレビ出演も「チャンミンの結婚の話はNG」エイベックスとの不和も?

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2021/01/13
No image

1月12日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に東方神起がリモート出演し、話題になっている。東方神起が同番組に出演するのは約3年ぶり、日本のテレビに出演するのも約1年ぶりだった。番組ではMCの加藤浩次らと流暢な日本語でトークやゲームをした。また、新曲の披露もあり、ファンを喜ばせた。

しかし、不自然な点が1点だけあった。それは、昨年9月に一般人女性と結婚したチャンミンについて、一切祝福のコメントなどが送られなかったのだ。

「東方神起は10年前から『スッキリ』に出演しており、レギュラー陣とはある程度知った仲です。普通ならば開口一番にチャンミンの結婚について触れて、おめでとうの一言があってもおかしくない。しかし、番組内では一切そのことに触れられませんでした。チャンミンは調子よくウエンツ瑛士の留学についてイジったりしたんですけど、ウエンツがチャンミンをイジり返すような場面もなく、全体的になんとなく不自然な感じがした。どうも、レコード会社から結婚の話はNGが出ていたようですね」(テレビ局関係者)

それまでほとんどスキャンダルもなく、ファンへ向けた結婚の挨拶も実に誠実なものだったと評判だったチャンミン。しかし、やはりそこには“アイドル”ならではの厳しい現実があったという。

「韓国のアイドルはある程度年をとると公開恋愛に踏み切る人もいます。しかし、東方神起は半分は日本のアイドル文化を踏襲している部分があり、ファンの間でも恋愛ネタはかなりタブー視されている。また、韓国のアイドルはファンが有志で“ファンカフェ”という小さいファンクラブのようなものを作って、アイドルに差し入れをするなどのサポート活動をする風習があるのですが、チャンミンの結婚が発表されると、彼をサポートしていたファンカフェのいくつかは閉じられてしまいました。中には『お祝いはしない。 そんな気持ちにはなりません』という声明を出すところもあった。そうした経緯もあり、チャンミンの結婚についてはデリケートな話題になってしまっていて、そう簡単に触れることができないんです」(K-POPライター)

まるでジャニーズのアイドルかのように、チャンミンの結婚の話はタブー化してしまっているようだ。さらに、チャンミンの結婚は日本での活動にも影響を及ぼしているという。

「東方神起は昨年日本デビュー15周年を迎えました。本来だったら盛大にイベントやライブをやる予定だったけれど、新型コロナの影響ですべて流れてしまった。チャンミンとしても、15周年のイベントを一通り終えてから結婚する予定だったそうなのですが、それが難しくなったので先に発表しました。するとファンからの反発が激しく起こってしまい、韓国での活動もままならない状況に。日本のレコード会社であるエイベックスは業績が苦しく、藁にもすがる思いで東方神起のCDリリースや日本での活動を望んでいたらしいのですが、韓国の事務所と足並みが揃わず、結局15周年のメモリアルイヤーにもかかわらずシングル1枚と配信シングル1曲しかリリースできませんでした。このままでは、彼らの日本での活動は鈍化の一途をたどりそうです」(レコード会社関係者)

海外アーティストによるアルバム通算1位獲得作品数の歴代1位という記録を保持し、日本のK-POPブームの礎を築いたといっても過言ではない東方神起。そんな彼らが、コロナ禍にひっそりと日本撤退なんてことになればファンの落胆もさぞや大きいことだろう。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加