南太平洋の噴火 相模湾にも津波注意報 高さ1メートル予想

南太平洋の噴火 相模湾にも津波注意報 高さ1メートル予想

  • カナロコ by 神奈川新聞
  • 更新日:2022/01/16
No image

南太平洋のトンガ諸島で15日に起きた大規模な海底火山噴火を受け、気象庁は16日、奄美群島・トカラ列島に津波警報、太平洋側の広い範囲に津波注意報を発表した。相模湾・三浦半島で予想される津波の高さは1メートル。津波は既に各地の沿岸部に到達しているが、今後さらに高くなる恐れがあるとしている。

同庁によると、関東付近の津波の観測状況は16日午前1時現在、銚子で30センチ、勝浦と八丈島で40センチ、大洗で60センチ、御前崎で70センチなどとなっている。

奄美群島・トカラ列島で予想される津波の高さは3メートル。注意報は北海道から沖縄にかけての広範囲に出ている。東京湾内湾には午前1時現在、注意報は発表されておらず、20センチ未満の海面変動が見込まれている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加