リニアのトンネル工事で事故相次ぐ JR東海 沿線都県ごとに再発防止策を協議

リニアのトンネル工事で事故相次ぐ JR東海 沿線都県ごとに再発防止策を協議

  • UTYテレビ山梨
  • 更新日:2021/11/25
No image

リニア中央新幹線のトンネル工事で、事故が相次いだことへの対応です。JR東海は、山梨を含む沿線都県ごとに再発防止策を協議しました。リニア中央新幹線のトンネル工事現場では、崩落事故が相次ぎ、10月に岐阜県では作業員2人が死傷、11月も長野県で作業員1人がけがをしています。こうした相次ぐ事故を受け、JR東海は「安全対策協議会」を立ち上げ、11月25日山梨を含むルート上の各都県で、工事の施工会社と会合を開きました。11月25日は、事故の原因究明を進めていることが報告されたほか、安全対策などについて議論が交わされました。なお、県内での会合は、非公開で行われました。

テレビ山梨

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加