宮迫博之「お店の決定権に関しては、僕ともう一人います」牛宮城の“黒幕”が登場し真相を激白

宮迫博之「お店の決定権に関しては、僕ともう一人います」牛宮城の“黒幕”が登場し真相を激白

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/01/16

15日に元お笑いコンビ「雨上がり決死隊」宮迫博之(51)のYouTubeチャンネルにて、トーク番組「WinWinWiiin(ウィンウィンウィーン)」が配信。宮迫が渋谷で経営する「牛宮城」の“黒幕”が登場し、店舗の実情について告白した。

No image

宮迫博之

宮迫博之ってどんな人?略歴、トリビアも!

お笑いコンビ「オリエンタルラジオ」中田敦彦が実際に店舗を訪れ、一連の騒動の真相を直撃。そこで宮迫は「ここも“黒幕”がいるとか、僕がかばっているとか書かれて。実際決定権に関しては、僕ともう一人います。最終決定権は僕なんですけど。ここは立場のある人間でもあるし、動画に出た方がいいと思って呼びました」と、株式会社ノーブルプロモーション代表取締役の若林和人氏が登場した。

若林氏によれば、店舗の運営元はノーブルプロモーション。持ち株の比率について若林氏が50パーセント、宮迫が45パーセント、株式会社Guildの代表である高橋将一氏が5パーセントだという。ここで中田が「宮迫さんの個人出資100パーセントのイメージだったんですよ。だから時計を売らないといけなくて、生活にまで火が付いている心配があったんですけど、大丈夫なんですよね?」と問いかけると、若林氏は「そうです。ただ、時計を売るって言うのは、兄さん(宮迫)の男気なんです。昔からなんですよ、本当は売りたくないのに売るって言っちゃう。今までもかばわなくていいところもかばってくる。その結果で『隠してる』とか嘘につながっちゃってるわけで、実は本当は嫌なところを持って行っている。究極のナルシストなんですよね」と、話した。

また、店舗の1カ月あたりの家賃については280万円、契約については5年ということも告白。若林氏は「途中で解約はできますけど、次の事業をやってくれる方を見つけてという感じです。現に4事業者からオファーもありました。撤退しようと思えばすぐできますし、事業の方がやりたいって言えば、翌月にはストップできます」と語る。中田が「宮迫さんのトークで『行くも地獄、引くも地獄』っていうのがあって。これは契約の時点で騙されてるんじゃないかという声があるんですよ」と尋ねる。宮迫が「それに関しては、お笑い芸人の返しとしてそう言ってしまった」と弁明すると、中田は「視聴者からすると『ボケてる場合か!』って感じだと思いますよ」と、芸人としてのサービス精神が混乱を招いた一因だと指摘した。

その後も様々な話し合いのなか、中田は組織の最終決定権をハッキリとさせるべきだと主張。宮迫と若林氏が顔を見合わせる中で「それは一人なんですよ、45パーセントは筆頭株主じゃないんですよ。構造上、決定権は50パーセントを持っている若林さんにあるんですよね。そこをしっかり言わないとぼかして(宮迫が)『僕のせいです』って言ってるのが、視聴者にとっての一番ストレスなんですよ」と助言。「宮迫さんの意見をこれからは止めていただけますか?」と問いかけると、若林氏は「止めてはいます。後は聞き入れてくれるかどうか」とポツリ、これに宮迫は「止めてくれ…」と、反省していた。

最後に宮迫は「説明不足やったし『思い立ったらこう』っていうのもあって。視聴者に伝えられてない部分もあったし(関係者を)すごく悪者にしてしまって申し訳なかったです。これだけ言っておきたいのは、僕は騙されてませんから。そこだけは言っておきたいです。この店はきっといい店になりますので!」と、再起を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加