今シーズンは「暖冬」気象庁が発表 東北の気温「平年並or高い」

今シーズンは「暖冬」気象庁が発表 東北の気温「平年並or高い」

  • ミヤギテレビ
  • 更新日:2023/11/21
No image

ミヤギテレビ

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

気象庁では毎月、向こう3カ月の予報を発表していて、21日、ことし12月から2月の予想を発表した。現在、南米ペルー沖の海水温が高くなるエルニーニョ現象が発生。それに伴って日本付近では偏西風が通常の冬よりも北に蛇行するため、大陸からの寒気が流れ込みにくい予想となっている。このため、12月から2月までの気温は東日本・西日本では12月から2月の気温は「平年より高い」。東北地方においては「平年並みか高い」暖冬の予想となっている。

また、降雪量について、日本海側や県内の西部山沿いは「平年並みか少ない」予想となっているが、西日本などに比べると北海道や東北では一時的に寒気が流れ込む時期もある見込み。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加