【POG】シーオブドリームスが5馬身差で圧勝 津村は根性を称賛

【POG】シーオブドリームスが5馬身差で圧勝 津村は根性を称賛

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/10/18
No image

初陣を勝利で飾ったシーオブドリームス(撮影・三好信也)

「新馬戦」(17日、東京)

東京4Rで1番人気のシーオブドリームス(牝2歳、父ホッコータルマエ、母タイキラナキラ、美浦・矢野)が好位から直線で楽に抜け出し、後続に5馬身差をつけて圧勝した。

津村は「一番いいポジションで競馬ができ、砂をかぶるのも嫌がらなかった。馬の間を割って、最後までしっかり伸びてくれました」と根性を称賛。矢野師は「逃げたくなかったので、あえて控える作戦で。直線も楽だったし、ホッとしました」と満足そうだった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加