【巨人】ポランコ“神宮男”だ同点2ラン 11戦7発目「とにかく芯に当てることだけを」

【巨人】ポランコ“神宮男”だ同点2ラン 11戦7発目「とにかく芯に当てることだけを」

  • 日刊スポーツ(野球)
  • 更新日:2022/08/06
No image

ヤクルト対巨人 6回表巨人1死一塁、右越え2点本塁打を放つポランコ。投手小沢(撮影・鈴木みどり)

<ヤクルト-巨人>◇6日◇神宮

“神宮男”のパワーがモリモリだ。巨人グレゴリー・ポランコ外野手(30)が、2点を追う6回1死一塁、ヤクルト小沢のスライダーを右翼席に運んだ。打った瞬間確信し、バットを放り投げた。

神宮で11戦7発目、2戦3発目となる17号同点2ランで試合を振り出しに戻した。「とにかく芯に当てることだけを考えて思い切り振りました。同点に追いつけてとてもうれしいよ」と振り返った。

前日5日の同戦では4安打2本塁打。神宮での成績は11試合で打率3割8分9厘、7本塁打で、47試合に出場している東京ドームの7本塁打に並んだ。

ベンチに戻るとウォーカーとハイタッチし、お笑い芸人「なかやまきんに君」の「パワーポーズ」でカメラにアピールした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加