豊かに表現「しまくとぅば語やびら大会」味わい深い響き楽しむ

豊かに表現「しまくとぅば語やびら大会」味わい深い響き楽しむ

  • QABニュース
  • 更新日:2023/01/25

地域の言葉で思いを語る「しまくとぅば語やびら大会」が1月21日に西原町で開催され参加者が日々のエピソードや昔の思い出話など表現豊かに発表しました。

座安小学校2年・吉田涼音さん「私が暮らしている豊見城にはたくさんの畑があります」

2023年で27回目を迎えた「語やびら大会」はしまくとぅばをつないでいこうと毎年、開催されているものです。北は伊平屋から南は与那国まで各地区の大会で選ばれた19人の参加者が流ちょうなしまくとぅばを披露しました。

与那国小学校4年生・田頭一さん「方言を忘れたら故郷を忘れる故郷を忘れたら親を忘れる。私はこの言葉が大好きです。心に染めたい」

訪れた人たちも味わい深いしまくとぅばの響きを存分に楽しんでいました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加