斎藤慎太郎八段がリーダーの貫禄示す 最年少棋士・伊藤匠五段に勝利し、スコアは1-1に/将棋・ABEMAトーナメント

斎藤慎太郎八段がリーダーの貫禄示す 最年少棋士・伊藤匠五段に勝利し、スコアは1-1に/将棋・ABEMAトーナメント

  • ABEMA TIMES
  • 更新日:2022/08/06
No image

将棋界の早指し団体戦「第5回ABEMAトーナメント」の本戦トーナメント1回戦第2試合、チーム三浦とチーム斎藤の対戦が8月6日に生放送された。チーム三浦の1勝で迎えた第2局はチーム斎藤・斎藤慎太郎八段(29)がチーム三浦・伊藤匠五段(19)に勝利。まずはスコアを1-1のタイに戻すことに成功した。

【中継】本戦1回戦でチーム三浦とチーム斎藤が激突

チーム斎藤からはリーダーの斎藤八段が登場。作戦会議室では「いい流れを持ってきます」と、まずは星を取り戻ずべく立ち上がった。チーム三浦からは、公式戦勝率8割超えの最年少棋士・伊藤五段が登板。「斎藤八段とは初対戦。当たれたら嬉しいと思っていた」と笑顔を見せていた。

角換わりの出だしから、後手の伊藤五段の事前研究か斎藤八段が時間を使う展開に。伊藤五段が気持ちよく攻めてペースを握った。しかし、斎藤八段にも防戦一方とはいられず、たっぷり使った時間の中で攻め筋を模索。今度は伊藤五段の持ち時間を大きく削り取った。終盤は互いに秒読みとなる中でのギリギリの攻防戦に。最後は斎藤八段が、持ち前の粘り強さと詰将棋で培った終盤力を活かし、勝利を掴み取った。

対局後、斎藤八段は「序盤からかなり押されていたが、踏みとどまることができた。7四角が攻防手で、プラン通りには行けていたかと思う。チームとして立て直せる1勝になって良かった」とホッとした表情を見せた。一方、敗れた伊藤五段は、「途中までは形勢も時間も押していただけに残念。気を取り直して頑張りたい」と前を向いた。

◆第5回ABEMAトーナメント 第1、2回は個人戦、第3回からは3人1組の団体戦として開催。ドラフト会議で14人のリーダー棋士が2人ずつ指名。残り1チームは、指名を漏れた棋士がトーナメントを実施、上位3人がチームとなり全15チームで戦う。対局は持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで行われる。チームの対戦は予選リーグ、本戦トーナメント通じて5本先取の9本勝負。予選は3チームずつ5リーグに分かれて実施。上位2チーム、計10チームが本戦トーナメントに進む。優勝賞金は1000万円。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加