西武の「ベストプレー賞」3-4月は打者が栗山、投手は平良 中村の“アシスト”も

西武の「ベストプレー賞」3-4月は打者が栗山、投手は平良 中村の“アシスト”も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/11
No image

栗山巧

西武が10日、当該期間で“最も輝いたプレー”をファンに選んでもらう「メットライフ生命月間ベストプレー賞」の3-4月に、野手部門では4月28日のロッテ戦で栗山巧が放った勝ち越しの今季1号ソロ、投手部門では4月27日の同じくロッテ戦で平良海馬が見せた、変化球もキレキレのパワフル投球が選ばれたと発表した。

栗山は「うれしいですね!あのホームランは今季の第1号でしたし、チームに勝利をもたらすことができた一発だったので、メットライフ生命3-4月ベストプレー賞はいただけるんじゃないか、と思っていました」と喜びの声を寄せた。平良は「うれしいですね。変化球で選んでいただいた、というのも喜びが増します。ありがとうございます」と“剛球”以外が注目されたことを喜んでいた。

今回の受賞の陰には、19年と20年の2年連続で「ライオンズ年間ベストプレー賞」に輝いた中村剛也の強力なアシストもあったという。中村は、ノミネート時に野手編は「クリ(栗山)でしょう」。投手編は「サードから見ていましたが、変化球もエグいキレをしていました」と栗山と平良の2人を“激推し”しており、その通りの結果になった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加